女性の皆さまへ

このサイトでは、人気の葉酸サプリや葉酸の豆知識を紹介しています。

 

「葉酸」という物質をご存知ですか?
とくに、女性の皆さんに知っておいていただきたい物質です。

 

葉酸は1941年にほうれん草から発見された物質で、ビタミンMやビタミンB9とも呼ばれる生理活性物質です。
男性にも必要ですが、とくに妊娠前(妊娠後でも)の女性に摂取が推奨されています。
妊娠中なら、摂取目安は二倍とされるほど、重要な物質です。

 

葉酸は胎児の栄養になりますし、あらかじめ補うことによって「神経管閉鎖障害のリスクを低減させるなどの効能が注目されています。
最近は厚生労働省も推奨しており、注目度が上昇しています。

 

葉酸はほうれん草だけでなく、豆類や果物、牛レバーなどにも含まれていますが、十分に補うためにサプリが人気です。
緑黄色野菜を食事に取り入れながら、サプリも上手に活用してみてください。

 

冷え性改善の方法とサプリメント

妊娠中は葉酸を摂るべき?

妊娠前の成人女性にも葉酸は必要ですが、妊娠が発覚したらぜひ摂って頂きたい栄養です。
とくに、妊娠初期の摂取が妊娠中に影響します。
妊娠1〜4ヶ月目までは葉酸を摂りましょう。

 

葉酸はビタミンB群に分類される栄養素のひとつで、体にとても重要な働きがあります。
赤血球を作るために必要な栄養素ですから、葉酸が不足すると貧血を起こします。
葉酸不足の貧血は、さらにさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

 

葉酸を不足させないためにも、補うことが必要です。
体内では作られませんし、蓄積することができません。毎日適量の摂取をおすすめします。

 

そして、妊娠初期に葉酸を摂ることは、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させることもできます。
そのため、厚生労働省も葉酸の摂取を推奨しています。
最近は母子手帳にも、葉酸の摂取量を記入する欄が作られています。

 

成人女性は1日に200μg必要とされていますが、妊娠中は倍の400μgです。
葉酸は緑黄色野菜に含まれています。ほうれん草、ブロッコリー、小松菜などなど。
また、バナナや牛レバーにも含まれています。
こうした食事から葉酸を摂るように心がけましょう。
しかし、葉酸は熱に弱いので調理過程で破壊されてしまいます。
足りない分はサプリで補うこともおすすめします。

 

ただし、サプリを数種類利用して葉酸を摂る方法はおすすめできません。
葉酸そのものは過剰摂取しても問題ありませんが、他の配合成分に問題があります。
食事で摂りながら、上手にサプリを活用してください。